イヤーモールドとは?

フィットイヤーについて

須山歯研について

お問い合せ

イヤーモールドとは

補聴器の雑音を防ぐ

補聴器を使用中、ときおり「ピーッ」という雑音が入ってしまうことはありませんか?
これは「ハウリング」といって、補聴器により増幅された音が耳との隙間から漏れだし、その音が再び補聴器で増幅されることによって起こる現象です。

ハウリングが起こる仕組み

ハウリングが起こる仕組み 周囲の音が補聴器のマイクに集められ、アンプで増幅されます。
増幅された音は補聴器のスピーカー(レシーバー)から発せられ、チューブを通ってイヤーチップ先端から鼓膜へ向け伝えられます。


ハウリングが起こる仕組み 鼓膜に伝えられた音は、中耳、内耳へと伝達されていきますが、同時に鼓膜で反射し、イヤーチップの隙間から耳の外へ漏れ出してきます。


ハウリングが起こる仕組み 漏れ出した音は耳の外に広がり、その音を再度補聴器のマイクが集め増幅します。


ハウリングが起こる仕組みこのような増幅と再入力が繰り返されるフィードバック現象により「ピーッ」というハウリング音が発生します。
フィードバック現象を止めるためには、鼓膜に反射した音が耳から漏れ出すことを防がなければなりません。

補聴器のハウリングを防ぐにはイヤーモールドが必要

一般的な耳かけ型補聴器に付属する耳せんは、しっかりと耳あなを塞ぐことができません。ですから、中度・高度難聴で出力を上げなければならないケースでは、どうしてもハウリングが生じてしまいます。また軽度難聴の場合でも、食事や会話といったあごを動かす時に耳せんが動き、同様のハウリングが生じることがあります。

ハウリングを防ぐには、音が漏れださないようにしっかりと耳あなを塞ぐこと。そのための最善の方法が、ご自身の耳型から作るイヤーモールドなのです。