耳かけ型補聴器のベストパートナー

補聴器用イヤーモールド「フィットイヤー」

イヤーモールドとは

●補聴器のベストパートナー

耳掛け式補聴器に欠かせないイヤーモールド。イヤーモールドを装着することによって、これまで補聴器に感じていたちょっとした不満などが解消され、大変快適に使えます。

ベント(通気穴)とは
ご自分の耳を手で塞いでみると、しゃべっている声がくぐもって聞こえ、また耳あなが塞がれたことによる圧迫感を感じると思います。
これは外耳道閉鎖効果と呼ばれる現象です。これを軽減するため、イヤーモールドに耳の内部の空気が外へ抜けるように空気穴をあけます。
この空気穴を「ベント」といい、こもり感や声の響きを軽減することができます。 
ベントの設定は聴力や必要となる調整内容により左右されますが、装用感を高め、効果的に補聴器をお使いいただく上で大変重要なポイントです。

●補聴器の雑音を防ぐ

補聴器を使用中、ときおり「ピーッ」という雑音が入ってしまうことはありませんか?
これは「ハウリング」といって、補聴器により増幅された音が耳との隙間から漏れだし、その音が再び補聴器で増幅されることによって起こる現象です。

【ハウリングが起こる仕組み】

周囲の音が補聴器のマイクに集められ、アンプで増幅されます。
増幅された音は補聴器のスピーカー(レシーバー)から発せられ、チューブを通ってイヤーチップ先端から鼓膜へ向け伝えられます。

鼓膜に伝えられた音は、中耳、内耳へと伝達されていきますが、同時に鼓膜で反射し、イヤーチップの隙間から耳の外へ漏れ出してきます。

漏れ出した音は耳の外に広がり、その音を再度補聴器のマイクが集め増幅します。

このような増幅と再入力が繰り返されるフィードバック現象により「ピーッ」というハウリング音が発生します。フィードバック現象を止めるためには、鼓膜に反射した音が耳から漏れ出すことを防がなければなりません。

補聴器のハウリングを防ぐにはイヤーモールドが必要
一般的な耳かけ型補聴器に付属する耳せんは、しっかりと耳あなを塞ぐことができません。ですから、中度・高度難聴で出力を上げなければならないケースでは、どうしてもハウリングが生じてしまいます。また軽度難聴の場合でも、食事や会話といったあごを動かす時に耳せんが動き、同様のハウリングが生じることがあります。
ハウリングを防ぐには、音が漏れださないようにしっかりと耳あなを塞ぐこと。そのための最善の方法が、ご自身の耳型から作るイヤーモールドなのです。

●補聴器をしっかりと固定

耳かけ式補聴器は、本体をきちんと正しい位置に装着することによって、その機能を生かす事ができます。しかし耳や耳あなの形状によっては補聴器をうまく安定させる事ができないといった問題もあります。

付属のイヤーチップでは…

小さなイヤーチップは、装着が楽で気軽に補聴器を付けられるという利点がありますが、会話や食事等であごを動かすとずれてしまう可能性があります。そのような状態だと補聴器を支えるのは補聴器本体だけになり、不安定な装着状態になってしまいます。

また不安定な装着は、補聴器を紛失する原因にもなります。

イヤーモールドなら…

自分の耳あなの形にピッタリ合うイヤーモールドなら、あごを動かしたりしてもずれる事がないので、補聴器をしっかりと支えてくれます。

常に安定した位置で装着できるので、聴こえの具合も良くなります。
子供が使う補聴器にもおすすめします。
イヤーモールドで補聴器をしっかりと安定させる事によって、外で遊ぶ子供にも安心して補聴器を装着させる事ができます。
また学校の授業や部活動など、激しい動きを伴う場面にも効果的です。