ニュース&イベント

HOME | News | ニュースリリース | 20200521181049

ニュースリリース

カスタムイヤーモニターの新製品「FitEar 224」発売開始

2020年05月22日

株式会社須山歯研(本社:千葉県千葉市美浜区真砂2-24-7、代表取締役社長:須山 慶太)は、カスタムイヤーモニター「FitEar 224」を発表、2020年5月25日より受注を開始いたいます。

 

概要
「FitEar 224」は、2ウェイ2ユニット4ドライバーで構成されるカスタムイヤーモニターです。業務用カスタムイヤーモニターとしても長い実績を誇るMH334、MH335DWと並ぶ「ステージモニターとしての新しい位置づけ」を目指して開発されました。2018年に開催された「春のヘッドフォン祭2018」で参考出品させて頂きましたが、その後もステージモニターとしての製作を行ない、製品としての安定性やモニターミックスにおけるコントロール性、耳あなサイズ/形状への適応性が確認できたため、今回の一般発売となりました。

 [ 製品名 ] FitEar 224
 [ 構 成 ] バランスドアーマチュア型ドライバー 2Way / 2Unit / 4Driver(Full Range-2 / High-2)
 [ ケーブル ] FitEar cable 013(3.5mmステレオミニプラグ)
 [ 付属品 ] ペリカンケース(黒色)、ケーブルクリップ、メッシュポーチ、クリーニングブラシ
 [ カラー ] シェル:13色 フェイスプレート:12色
 [ 価 格 ] オープン価格

製品の特長
 
●製品名
FitEarの製品として久々にユニット構成を製品名にしたモデルとなります。2018年に開催された春のヘッドフォン祭2018で参考出品した際は、ダブルウーハー&ツイーターというユニット構成の特徴を加えて「FitEar 224DTW」としていましたが、今回の正式発売にあたり「FitEar 224」としました。
 
●帯域分割や重複を減らすアプローチ
従来のMH334、MH335DWでは、サイズの大きいバランスドアーマチュア型ドライバーをウーファーユニットとして利用し、低・中・高の各帯域を担当する複数機種のユニット構成により独特の厚みを持たせていました。本製品224では、FitEar AirからFitEar DCまで過去数年取り組んできたハイブリッド系列と同様「帯域分割や重複をなるべく減らす」というアプローチを取り入れ、ウーハーユニットとツイーターユニットをそれぞれデュアルドライバーとした構成を採用。音楽表現のための厚みは確実に残しつつ、スムーズさや音圧変化時における挙動の安定化を図っています。
 
●ユニットのデュアル化のメリット
カスタムイヤーモニターにおけるユニットのデュアル化のメリットとしては、同一音圧を得る条件において、その振幅を抑制することによるリニアリティの改善、入力耐性の向上が挙げられます。これらのメリットは、業務用としてはもちろん、音楽鑑賞用としても重要なポイントになるものと考えます。
 
●耳あな形状/サイズへの幅広い対応
ユニット構成数が増えると、耳あなサイズ/形状によってはシェル内部のユニットや音導の取り回しが難しく、高域減衰やそれに伴うピークの発生、肩特性の急峻化などといった問題が生じます。今回の本製品で採用したユニット構成は従来より比較的コンパクトに収める事ができるため、設計上の狙いと特性を維持しながら幅広い耳あな形状/サイズへの対応が可能となりました。
 
【販売キャンペーンについて】
弊社では現在、FitEarカスタムイヤーモニター、ユニバーサルモデルを対象とした販売キャンペーンを6月30日まで実施しております。キャンペーン参加店舗では、通常よりお得な価格でFitEarカスタムイヤーモニター、ユニバーサルモデルをご購入いただけます。新製品のFitEar 224もこのキャンペーンの対象となります。

 


ニュースリリース 新製品

FitEarについて

FitEarは、株式会社須山歯研がお届けする「個人の耳への適合」をテーマとした製品ブランドです。音楽鑑賞のためのイヤーモニター、補聴器用のイヤーモールド、水泳やダイビングのためのイヤープラグなどを製造・販売。歯科医療技術をベースとした高い技術をもとに、耳や音に関する様々なニーズにお応えしています。

FitEarウェブサイト http://fitear.jp

須山歯研について

株式会社須山歯研は、金属床を始めとした技工物全般を取り扱う歯科医療総合ラボラトリーとして1958年に創業。長年に渡り積み重ねた経験を元に、精度の高い歯科技工物のご提供を心がけてきました。これにより培われた「個人が持つ形態への適合技術」を応用し、1985年に補聴器事業を開始。現在では医療関連事業に加え、コミュニケーションツールにおいても、パーソナライズが求められる製品への各種ソリューションを提供しています。

株式会社須山歯研ウェブサイト http://suyama.co.jp

本リリースに関するお問合せ先

  • 須山補聴器銀座店
    • 〒104-0061東京都中央区銀座6-16-12 須山歯研銀座ビル
    • 電話 03-3549-0755 FAX 03-3549-0760
    • Eメール 4133@suyama.co.jp
    • 受付時間 10:00〜19:00 日曜祝日定休

このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。