装着方法

各部名称と装着イメージ

フィットイヤーサイレンスのつまみ部分を持ち、耳栓上部の突起部分①を耳穴上部の空間②にしっかり収まるように意識しながら、耳栓本体を耳あなのカーブにあわせて回転させるようなイメージで装着してください。

右の耳栓の下部に赤い印③がありますので耳栓本体の左右と上下の識別は赤い印を目安にしてください。
突起部分①がしっかり収まっていないと、耳栓本体が回転してしまい、密閉度の低下や、外れて落下するといったトラブルの原因となります。


不安定な装着状態

耳栓上部の突起部分が耳穴のポケット部分からはみ出し、耳栓本体が浮いしまっています。また装着状態も不安定です。このような状態だと遮音性が損なわれるとともに、耳の痛みなどの原因ともなります。