FitEar DCは静電型とダイナミック型、2種類のドライバーで構成されるハイブリッドタイプのイヤホンです。ピークレスでリニアリティに富む静電型ツイーターユニットの美点を最大限に活かすため、ダイナミック型ドライバーを2基直列に配置し追従性を高めた「インライン・デュアルダイナミック・ドライバー」をフルレンジで採用。スピード感と透明感、力強さを併せ持つサウンドで、音楽が持つ情感を余すことなく再現します。

製品の特徴

リニアリティに優れた静電型ツイーターユニット

高域側には完全密閉空間での動作を実現した独創的な静電型ツイーターユニットを採用。静電型ならではの優れたリニアリティとピークレスな特性により、音抜けがよくスムースで透明感の高い表現が可能となりました。
またユニットに昇圧トランスを組み込む事で、静電型でありながら外部ドライバーユニットを必要とせず、一般的なイヤホンと同様にそのままプレーヤーのヘッドホン端子に接続してご利用いただけます。

ショートレッグシェル

2015年発売のFitEar Airから誕生した「ショートレッグシェル」は、耳穴内の空気容積を広げることで気圧変化を最小限に抑える、FitEar独自のデザインです。気圧を外に逃がす「ベント」の設定が必要なく、カスタムならではの高い気密性を維持したままダイナミック型ドライバーの利用を可能としました。またシェル尖端が短く着脱がしやすいので、快適な装着感を提供します。

ハイブリッド構成

高域側には完全密閉空間での動作を実現した独創的な静電型ツイーターユニットを採用。静電型ならではの優れたリニアリティとピークレスな特性により、音抜けがよくスムースで透明感の高い表現が可能となりました。
またフルレンジのフォスター電機製9mmダイナミックドライバーを2基直列に配置した「インライン・デュアルダイナミック・ドライバー」構造は、前面のドライバーの動きを背面のドライバーがサポートすることで追従性を高め、限られた密閉空間の中でも静電型ツイーター同様のリニアリティを実現し、タイトで抜けの良い音空間を作りだします。

製品写真

製品概要

ユニット構成

静電型ツイーターとダイナミック型のハイブリッドタイプ

ケーブル

FitEar cable 013(3.5mmステレオミニプラグ)

筐体構成

シェル:黒 フェイスプレート:黒(シボ模様加工)

付属品

ペリカンケース メッシュポーチ クリーニングブラシ ケーブルクリップ

価格

オープン価格